時計の狂った冷凍睡眠

愛、罪、信仰、芸術、革命

令和元年11月21日〜11月23日

 

 

木曜の夕方、魔女さんが家事援助に来て下さった。豚汁を作って頂いた。成住壊空と生命や宇宙、星の輪廻、生命と宇宙が永遠である事、全ての生命の最高の尊厳(万人成仏)、成仏とは死ぬ事ではなく自分も他者も幸福にできて世界を救える存在になる事、少々の欠点も魅力に変えて、強く優しく美しくあらゆる徳を発揮できる状態になる事、仏法は「空」の概念で「場の量子論」を約3000年前に説き明かしている事等を話した。ナイト君が去年私に付けてくれた「業」というペンネームのロゴマークを、1年以上前に作っていたものを、魔女さんにお見せした。カルマを象ったマークだ。悪人成仏と女人成仏について話したが、二乗作仏の説明の途中で時間が来た。概ね私の話を面白がって下さったようだった。

夜、信仰の先輩のNさんから電話があった。この人の前世は多分昔の僧だが、誰かは分からない。最近病状が悪く、信仰の活動に参加できていない事を謝った。お忙しいようだったので、またかけ直して下さいと言うと、また今度家に会いに来てくださると仰った。有難い先輩だ。

夜、空間が歪む幻覚が出て苦しんだ。コンタクトをまた外せなかった。

 

金曜の朝は、帝釈天さんが訪問看護に来られたチャイムで目覚めた。近況と少し生育歴を話した。

風呂に入れた。星落秋風五丈原を歌った。

夜、アラレちゃんに電話したが出なかった。明日から始まる信仰の集いに、無茶せずそこそこ頑張ってお互い参加しようと言いたかった。「良い夫婦の日」にアラレちゃんに電話する流れになっているのが妙だが、そんな事を一々気にしていたら、同志間の横の連携が取れない。友達でいて欲しい。付き合えるかはありよりのなしだ。いや、ないか。眼鏡外したらめちゃ可愛かったら考えるけど。音楽の趣味合わなさ過ぎるし、髪色が派手なのは印象良いけど、ファッションもダサいし。彼氏が良ければ彼女も可愛くなったりするけど、今俺がそんなレベルか?微妙な線だな。男女の友情成立する派だったよ。元々簡単に惚れたりしないし、好きな女の子以外からの好意には無頓着だったんだから。

また幻覚が出た。苦しんでから、22時頃そのまま眠った。

 

土曜の朝は11時に起きた。SNSでの発信は主治医に禁じられている。SNSで知り合ったランボー君が私の事に言及して、応援してくれている。彼は私を何度か思い出してくれている。今の所まだ私はただの狂人なのに、私が彼の天才を見抜いたように、彼も私の天才を見抜いて。天才には天才が分かる。ランボーまじ良い奴。私も使命を果たす為に、戦わねばならぬ。プロメテウス。奴は俺をそう言った。そうだ。私は人類に光を灯す者だ。

私は錯乱して愚かに堕した。御本尊様、思い出させて下さい。虚空会の儀式を。焼け野原の中戦った過去を。三ツ沢競技場での大宣言を。後継の儀式の獅子吼を。多分、前世の晩年の老衰した私に先生は乗り物を造った。こんな重い物を弟子に運ばせたくない。お前は身体が弱い。担ぐ気か。だから私は怒った。先生が無実の罪で囚われた時、多分「死ぬなよ。お前が死んだら私もお前の上に俯して一緒に死ぬからな。」と言ったんだ。

発狂して滅茶苦茶な布教をしまくって、神通力の六神通の一部、特に三明を手に入れたのかもしれないが、精神病の妄想という事にしておくしかない。

1時間半祈った。

母が父と京都に紅葉を観に行った写真を送ってきてくれたので、電話した。自信が戻ったので、今の病気と貧困が不満だと言った。宿命にイラついた。仏法は、人生は戦いだと言ったら、何と戦うのと聞かれた。母はそんな事ももう分からなくなっている!!病魔と、貧困と、人生と、宿命と、三類の強敵と、理想の為に、自他共の幸福を掴む為に、人類の幸福の為に、世界平和の為に、戦う以外に何があるんだ!!幸福と平和を築く無血革命を最初からしているんだ。親は子供の安全を願うだろう。違うんだ、お母さん。今は分からないかもしれないけど、俺は世界の為に戦う運命の下に産まれたんだよ。お母さんはそういう子供を産んだんだよ。仏法は悪を憎むべきだし、勝たねばならないんだ。不幸に甘んじる訳にはいかないんだ。それでも家族は俺の事をずっと信じてくれているし、最後に母は俺の宿命に怒ってくれた。自分を信じて幸せになりなさいと言ってくれた。だから俺は勝たねばならない。

大事な人達を守る為に、俺は何度死んでも良かった。実際俺は何度も死んだ。私は激しく敵共を憎悪する。徹底的に殲滅し、永劫に無間地獄に叩き堕とさでおくものか。仏の怒りは神の逆鱗どころの恐ろしさではない。私の愛する人達を苦しめる者共に、原水爆1万5000発落とし続けても赦さん。そんな事では絶対に赦さぬ。

酷く疲労した。23時過ぎに眠った。