時計の狂った冷凍睡眠

愛、罪、信仰、芸術、革命

令和元年11月1日〜11月2日

 

 

木曜の夜は一睡もできなかった。

 

金曜の朝、施設に電話した。計画相談で分からなかった所を、再度説明してもらう日を決めた。ゼウスさんがデイケアの音楽室で教えて下さる土曜の施設のドラムの日が、2週間に1回に減った。ゼウスさんが定年退職される2年後までにどれだけ私は上手くなるか、ナイト君のバンドで叩けるレベルになる未来があるか、何か武器になるか怪しいので、また参加するか迷っているとゼウスさんに伝えた。家で引きこもっているより、好きな音楽で気分転換する方が健康に良いですよねと、結論を出した。再来週施設のドラムのプログラムに行こうと思う。

 

午前、訪問看護があった。近況と作業所に行く目的、来年の春まで燃料補給と機体の整備、この2年で運動、語学、編纂・執筆、さらにできるなら読書と聖典の勉強、2年後英語の翻訳・通訳で稼ぎ、一生かけてやる夢は文学、政治、信仰と、方向性を話した。今まで、A型作業所から企業の障害者枠雇用を目指していると、誤った方向付けがされていた。

 

郵便局で切手を買って、年金の手続きの葉書を送った。

コンビニで食べ物とピースとキャンディを買った。髪にお洒落なメッシュを入れてシールタトゥーをした格好良い店員さんがいて「おっ」と思ったが、顔はあまり残念だったので、私は言語化できない気分になった。

 

夕食を摂った後、キャンディを舐めてみたら煙草が減るか試してみたが、煙草も吸ってしまったし、夕食後のネットサーフィンの時間が長くなってしまった。

 

ナイト君に大変な事が起きたかもしれない。夜、電話したが出なかった。ナイト君の為に祈った。

 

土曜は目覚ましのアラームに気付かず、夕方5時に起きた。約20時間眠った。病院の診察をキャンセルして再予約する電話ができなかった。

 

ナイト君がSNSをやっていた。無事だったらしい。大変な事は起きなかったのだろうか?薬を飲んでくれというメールと電話を、なぜ無視しているのだろう?美術館とライブの事を怒っているのか?連絡が欲しい。